自動車内装修理専門店 ファインアーツリペアサービスのブログ

補修で芸術的な仕上がりを目指すREPAIRマンの奮闘記です!

ローバーミニ 劣化レザーシート補修

こんにちは、ファインアーツです。

10月の一発目は、劣化レザーシートの補修を紹介します。

ご依頼いただいたお車がこちらです。


DSCF2115.jpg


ローバーミニです。 

最近のミニはあまり小さくないですが、この頃のミニはミニの名に恥じることなくミニですね。(*^^)

個人的には、こちらのスタイルの方がカッコイイと思いますヨ~。


さて、劣化したレザーシートとはどんな感じかというと、程度はいろいろですが

今回施工するのはこんな状態です。


DSCF2116-2.jpg


劣化した革は、次第に深いシワが入り→シワからひび割れ→ひび割れから銀面の欠落 と、

大まかにはこんな段階を踏んでいきます。

このシートもサイドサポート部分は、劣化が進み銀面が無くなりはじめていますね。


このようなレザーシートをリペアする場合は、ある程度シワを残し違和感が出ないように仕上げます。

今回は写真の枚数が多いので、施工箇所ごとの【Before】【After】でご紹介します。


【Before】                                   【After】
DSCF2117.jpg DSCF2155.jpg

【Before】                                   【After】
DSCF2119.jpg DSCF2156.jpg

【Before】                                   【After】
DSCF2120.jpg DSCF2158.jpg

【Before】                                   【After】
DSCF2121.jpg DSCF2161.jpg

【Before】                                   【After】
DSCF2122.jpg DSCF2162.jpg

【Before】                                   【After】
DSCF2116.jpg DSCF2152.jpg


リペア完了です 

このシート他にも背もたれの背面に破れが2ヶ所あり、そちらもリペアしたのですが、

写真を撮り忘れてしまい掲載できませんでした 残念


傷んだ革製品は放っておいても元通りになることはありません。

傷み具合は、悲しいことにどんどん進行していきます。 ボロボロになってからではリペアの難易度も上がり、

違和感なく仕上げることが困難を要したり、最悪の場合リペアの何倍も費用をかけて張替えなんてことも。。。

放っておいても何もいいことはありませんネ 

FINE ARTS.では早めのリペアをオススメします。 本革劣化の補修もファインアーツにお任せ下さい。


そして最後に今回、作業場を貸していただき施工をお手伝いしていただいた同業者のMさん、

大変助かりました。 どうもありがとうございました。 m(_ _)m



  090-2457-5961
 tr.finearts@gmail.com
お気軽にご相談ください。

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
↑車関連の記事がいっぱいのブログ村はコチラ
スポンサーサイト

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

コメント

こんばんは☆

はじめまして、かすみと申します☆
http://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、凄く楽しく読ませてもらいました―♪rリペアでキレイになるってエコですよね♪!!

私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪

  • 2012/10/08(月) 00:36:43 |
  • URL |
  • かすみん #-
  • [ 編集 ]

はじめまして、ファインアーツの黒田です。
ブログご訪問いただきありがとうございます。
良かったらまた遊びにきてくださいね!

  • 2012/10/21(日) 22:42:26 |
  • URL |
  • FINE ARTS. #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://finearts1.blog.fc2.com/tb.php/77-e7ab4af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad